J1の27節|2012

投稿日: 2012年9月29日※ブログを変更したため、この記事は、前ブログの記事を再度投稿しています。

Jリーグ(J1)の第27節が終わりましたね。今日は先程、柏レイソル対浦和レッズを観ていましたが、中々熱い試合でした。違うチャンネルでは川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌もやっていてそちらも気になりながらでしたが、どうやら札幌が敗れてしまいはやくもJ2降格が決まってしまったようです。

そして、今節の試合ですが、結構面白い状況になってきました。
まず、ベガルタ仙台が清水エスパルスに3-1で負けました。首位のサンフレッチェ広島は鳥栖にきっちり勝ちましたので勝点を5広げた状態です。

次に先ほどのレイソル対レッズですがレッズが劇的に勝利したため勝点が仙台と並んだ状態になってます。

そして、ジュビロ磐田ですが、FC東京に逆転負けをしてしまい勝点42のままです。さらには名古屋グランパスは最下位付近のアルビレックス新潟になんと5-0で敗れるということが起きたようです。

ということで、残り試合数を考えると、サンフレッチェ広島、ベガルタ仙台、浦和レッズの争いになることがある程度現実的になってきましたね。

浦和レッズとしては今日の勝利は大きいです。前節の0-5の敗戦がなければもう少し楽になっていたことでしょう。しかし次節も札幌ですし、仙台と広島との直接対決を残しているのでレッズの優勝の可能性はまだあると思います。

個人的な予想としては、それでもサンフレッチェが今季は有利だと思ってますが、逆転があるとするならば仙台より浦和の方が大逆転優勝の可能性はあるのかもしれないなと思います。勢い的に。

あとちょこちょこサンフレッチェの試合も今季観ていますが、高萩選手が非常に良いと思います。個人的感想では代表レベルだと思います。足が長くどっしりかまえているのですが、パスセンスが非凡であり、根性もあるので見応えある選手です。