リオ五輪サッカー・グループリーグ最終戦(スウェーデン戦)に期待

初戦に負けてしまったことで厳しい状況に追い詰められていた日本ですが、コロンビア戦では率直に良くやったとは思います。もちろん、勝ち切れなかったわけなので厳しいのですが、それでも前半はほとんどコロンビア相手に圧倒し、後半ミスなどから0-2にされたとは言え、そこからの頑張りで追いついた上に、ほぼひっくり返すことも可能だった試合でしたし、素直に面白い試合、戦う姿勢を全面に魅せてくれたとは思いました。アディショナルタイムにも決定機を作りましたし、最後まで全くあきらめず意地でも勝つという気迫は感じましたね。

ということで、次はグループリーグ最終戦のスウェーデン戦です。これは勝利してもコロンビアがナイジェリア(ナイジェリアは負けても1位通過なのでどうなのかなど)に勝ってしまうと敗退するという状況ではあるのですが、日本としてはスウェーデンに勝利をしてくれると信じています。基本的に、コロンビア戦のような入りをし、失点に繋がるミスに注意し、バランス良く試合を運べば勝つことは十分可能な相手だと思います。攻撃陣は今大会なんだかんだで6点取っていますし、コロンビア戦の崩しは素晴らしいものがありました。スウェーデンに勝利し、何とかナイジェリアがコロンビアに勝ってくれることを信じたいと思いますね。引き分けでも良いのかな?いずれにしても日本は勝つということですね。

ちなみに、メンバーとしては、コロンビア戦と同様に浅野の先発で良いのかなと思います。浅野のコロンビア戦のパフォーマンスはかなりのものがあり、ひょっとしたらアーセナルでもスーパーサブ的な感じでも良いからいけるんじゃないか?という程のプレーを魅せてくれました。

あとは、南野拓実と大島僚太をスタメンに戻すのか、または切り札的に使うのかという部分ですが、個人的にはスタメンで良いのではなかろうかと思います。ただ、そうなるとボランチの守備が薄くなるかもなので井手口でも良いのですが、大島僚太は確実にどこかでは使いたいところです。今大会かなり良いですし。元々川崎フロンターレでは凄いのですが、代表だといまいちだった印象(チームの戦い方の違いもあるのである程度仕方ない部分はあるが)ですが今大会は違いますね。

ということで、切り札を用意しておくとしたら武蔵で良いのではないかとは思います。

藤春に関しては確かに決定機を外したりオウンゴールをしてしまったというのはありますが、冷静に見るとコロンビア戦はそんなに悪くなかったですし、メンタル面が問題なければ普通に起用で良いのではと個人的には思います。あとは、GKはやはり中村航輔が良いと思いました。