ワールドカップ・アジア最終予選・UAEに勝利!

昨日、というか日付変わって今日ですが、アウェーのUAE戦、見事に2-0で勝利しました。この1勝はかなり大きいと思います。ホームのサウジ戦から考えると連勝ですし、次のタイに勝利すれば3連勝となり勝点も16まで伸ばすことが出来るからです。もちろん、タイも侮れませんし、油断は全く出来ませんが、普通に出来ればホームではまず負けることはないでしょう。引き分けも考えにくく、普通にいけば勝つ可能性はかなり高いと個人的には思っています。

その後、6月にアウェーのイラク戦、また8月はホームとは言えオーストラリア戦、9月の最終戦はアウェーのサウジ戦ということを考えると取りこぼしは出来ないので絶対に勝利が必要ですが今回のUAE戦にきっちり勝ったことで精神的にもだいぶ楽になったと感じますね。

試合の方ですが、今野がかなり良いパフォーマンスだったこともあり安心して試合を見ることが出来ました。最近のW杯予選は基本的にハラハラドキドキの展開が多いのですが昨日はある程度危なげなかったし、試合始まってこれは勝てるだろうなと思ったほどUAEの守備組織&攻撃は怖くなかったです。もちろん川島のビックプレーがなければとか後半のピンチに相手が空振り的になるということがあったのはあったのですが、それを含めても圧倒した試合だったと思います。

アフロヘアの選手は非常に巧いですが、決定的な仕事はしてこなかったし、昨日は他のタレントもいなかったようでこれなら試合展開的に3-0、4-0も可能だったかなと思うほどですがいずれにせよアウェーで勝てたのはとても大きいです。

個人で見ていくと、やはり今野は圧倒的に良かったです。次に久保裕也、大迫、吉田あたりも良かったです。香川真司については攻撃面では全く良いところは見られませんでしたが、ある程度無難にはやっていたと思います。バランスを取っていたし守備面での貢献はありました。ある程度調子は良いのでしょう。(直近ではドルトムントでもかなり良かった)ただ、やはり決定的な仕事を求めているので昨日のような動きだけだとどうしても評価は低めになります。

岡崎も途中から出てきて得点のチャンスはありましたがかなりのミスをしているし、本田圭佑はそこまで悪かったとは個人的には思いませんが(原口からの岡崎の決定機の起点は本田のドリブルからだったと思う)、試合勘のなさは露呈しました。そんな中、倉田はいきなり出てきましたがそれなりに良かったと思います。1本チャンス作りましたし。

ということで、負けたらかなりやばいと思っていた今回の試合ですが、危なげなくきっちり勝利したことで次戦は比較的リラックスして観ることが出来そうです。ここでしっかり勝って勝点を16に伸ばしておき6月に向かいたいところです。いずれにしても昨日の勝利はW杯予選突破に向けては一つのポイントにはなるかもです。