香川真司が絶好調・このままパフォーマンスをある程度一定に維持出来るか

香川真司がここのところ絶好調ですね。代表戦(ワールドカップ最終予選)前からも数試合良かったのですが、ここにきてアシスト、ゴールと数字としても結果が出てきた上に、パフォーマンス自体非常に良いです。

もちろん香川の能力を考えればこのくらいは出来るはずという期待はいつもあります。しかし、ここ数年の状況を見るとある程度一定(悪くてもそこそこ悪い程度)に安定しているという時期はあまりないのでこの好調さをどの程度維持できるのか、また、当然ながらこの状態を毎試合出来るというわけでもないですので悪いときどの程度までおさえられるのかという点は着目したいところです。

つい最近28歳になりましたがまだまだ全然しばらくはトップレベルで出来るはずですのでここからのパフォーマンスには期待したいです。

繰り返しになりますが良いときもあれば悪いときもあるのはサッカー選手としてはある程度しょうがないですが、やはりワールドクラスの選手は悪い時でも結果を出したり、悪い時期が長く続かなかったりすることが多いです。香川もある程度安定して持っている力を最低ラインでも常時出せるのであればやはりワールドクラスの選手になりえると思うので何とか頑張ってもらいたいところです。

まぁ、世界的に注目されやすい選手ですので悪い時期が続くとニュースになりやすいのというのはあるかもしれないのですが、何だかんだ言ってもマンチェスターユナイテッド時代も試合には意外と出ていたし(試合に出られず失敗的に言われるような気はしますが、常に見ていた側からするとチャンスは貰っていたし結構出ていたとも思えます。)良い時はとても良かったですし、ドルトムントに復帰してからも悪いときもかなりあるとは言え、良い時も結構あります。昨シーズンは数字もかなり出しておりますし。

最後、何が言いたかったのかよくわからなくなってしまいましたが、とにかく香川真司にはまだまだ大活躍して欲しいと思っておりますし応援していきたいです。