グレミオ戦の本田圭佑は非常に良かった

日付変わって本日の朝にグレミオ対パチューカがあり、延長までもつれた激闘でしたが1-0でグレミオが勝ちました。

私はブラジルに行っていたこともあるのでブラジルサッカーは大好きだし、また、グレミオが現在強いというのは知っていたし魅力的なクラブではあるのですが、やはり日本人としては本田圭佑が出ていたのでパチューカよりで観ていました。

その本田圭佑、久々にかなりの質の高いパフォーマンスだったと思いました。

率直にこの状態の本田を日本代表に入れないのは個人的にはとてももったいないとは思いますね。

試合の中央に君臨した感じで、どっしりしてボールを奪われないですし、以前より体もキレていて動きも身軽でした。またミスがとても少ない上に、決定的チャンスには顔をだしていく、シュートも打っていく、昔の本田圭佑を久々に観れた気がします。

そのため、なんとかアシストや得点という結果を出して次の決勝まで行ってほしかったという気持ちが途中から出てきて、普通に観るつもりの試合だったんですがとても緊迫したおもしろい試合観戦でした。

さすがに延長に入ってからは運動量が落ちてしまいましたが、気持ちは全く切れていなかったし戦っていたのは伝わりました。

ということで、本田圭佑はやはりパチューカ移籍したのは良かったかなと思います。何より伸び伸びプレーしているし、状態が明らかに上向いているからです。メキシコリーグでは楽しそうにプレーしているようにも感じますし。

もちろん、ハリルホジッチのサッカーではどこで使うのかという問題もあるんですけど、このような状態の本田であればオプションとしても代表に入れておいて全然OKでしょう。

というか、ワールドカップ時期になって今のように復調している状態で入れないとしたら個人的にはかなり疑問ですね。右サイドでスピードがないと判断されていたとしても、中央も出来るし、ワントップも可能だからです。
そして、今大会ではアフリカ王者クラブ、南米王者クラブとの試合で高いパフォーマンスと経験豊富な試合の読みを随所に魅せたので、コンディションが維持できればやはりワールドカップには必要な選手なのかなと思ったわけです。

と、試合が終わって思っていたら、香川真司がゴールを決めたというニュースも入ってきたし、この前は岡崎がファイトしていたし、やはりこの3人の今後には注目です。何だかんだこのまま終わるとは思えないですからね。まぁ監督の判断にはなってしまいますが。いずれにせよ、個人的には明らかに必要な戦力だと思います。

ということで、最後グレミオ戦とは関係ない話になりましたが、南米王者と北中米カリブ王者の試合は非常に見応えがあって面白い試合でした。