日本代表、かなりひどい内容でホームで韓国に負ける [E-1選手権]

かなり酷い内容でした。ホームで韓国に大敗というふざけたことになり、楽しみにしていたクラブワールドカップさえも観ずに寝たのですが、起きたらやはりグレミオが負けていました。(妥当な結果ですがこれも少し残念)

昨日の韓国戦ですが、一体何だったんでしょうか。

日本ホームで韓国に大敗、。いくらテスト試合という面もあったとはいえ、これはさすがにまずい。

まず言いたいのは、ハリルホジッチ監督も色々(会見含め)と意味不明ですが、選手らは韓国相手に意地でも勝ちたいという気持ちはあったのかということ。もちろんあったんでしょうけどそれが全く伝わってこなかったということ。(中村航輔や川又、植田からはある程度伝わったが)

海外組もいない中、浦和レッズの選手もいないし、Bチームというより確実にCチームに近いし、守備組織の理解度はもちろん、連携がほぼなかった状態とは言え、少なくともメンタル面や闘志というものをみせてもらわないとさすがに話になりません。

枠は少ない中でもここからワールドカップメンバーへ何としてでも入ってやる、人生変えてやるというアピール(ここで大活躍してやろう!)にもなるのにそれがほとんど伝わらないのもとても残念なところですが、やはり個人的にはその流れからのさらに韓国に大敗というのがどうにも気分は良くないです。

また、韓国も海外組はいないっぽいですし当然ソンフンミンもいないチームだったわけです。これに大敗、さらには格上に負けたようなことになっているというのはさすがにまずいでしょう。

ということで、このように感情にまかせて書きましたが、

ただ、少し冷静に客観的に今後の日本代表について見てみようとも思います。

まず、「ハリルホジッチは解任でよいか?」

感情にまかせて言うのであれば、解任で良い!と言いたいところですが、現実的に考えると、現時点でハリルホジッチ以上の外国人監督を変わりに呼べるかというとそれは疑問です。やっているサッカー(個人的には最近つまらないが)はどうであれ、W杯で結果を出した監督ではあるし、ヨーロッパの戦術を一応のところはめてはくれます。最高ではないとはしてもある程度レベルの高い戦術家ではあると思います。この状況下で更迭したとしてそれ以上の監督を早急に招へいするのはちょっと難しいのかなと思います。

そうなると、日本人監督ということになりますが、現実的に考えたとき、もしハリルがやめたら手倉森監督になると思われます。そうなると、もっと厳しい状況になる可能性もありえます。もちろんやってみないとわからないし、もしかするとかなりの勢いで好転するかもしれませんが、個人的にはグループリーグを突破出来るとは思えないです。
それならボランチというか中盤に守備的選手だけを並べたオーストラリア戦をベースとしたサッカーで勝点を積み上げるというのがまだ現実的です。(もちろんそれも難しいでしょうしそもそもそれだけで良いのか、日本代表が目指すのは何なのかというのもありますが少なくとも勝点計算は予想として多少は出来るからです)

もしかしたら内容は面白くはないかもしれないが、グループリーグ突破すれば日本代表にとっては熱いことだし、盛り上がりもみせるし、良いことはかなりあります。2010のときも直前はボロボロだったけど日本が勝つことで国内が盛り上がったし。
また、ハリルホジッチはW杯後に日本代表の監督はやめる意向だという記事も見たし、そこでいずれにせよいったん終わるのでしょう。長くやってもらう必要もないので。(本来は長期的にやってほしいのですが、現状のハリルサッカーであと4年というのは身がもたないでしょう)

ということで、個人的な感情論では、絶対勝つという闘志も見せない伝わらない戦い方で「ホームで韓国に大敗」、からの会見内容(本心なのかは不明ですが)を見て、こんなことを言っているなら解任で良いと思ってしまいますが、客観的かつ冷静になるといまハリルホジッチを解任にしたところでW杯で勝つイメージが少ない&現実的にも難しい(代わりの監督がいない)というのも実際あるので、もう一度信頼してもう腹をくくったほうが良いかなとも思います。

もちろん、今フリーの名将が来てくれるなら話は別ですが。

例えばフェリポンとかヒディングだとかファン・ハールとか最近退任間近?か解任のビエルサだとかであれば、、。(適当にあげましたが他にもいると思います。)ただ、金銭面とかはもちろん、この状況、あと半年というところで来るのかどうかと考えたら可能性はかなり低いと思われます。

Jリーグで指揮したことがあって日本を知る監督ならクルピとかですが、ガンバに決まったのでちょっと無理があるでしょう。

そんなこんなで、ワールドカップまで半年という状況で、かつハリルホジッチ以上レベルの監督というのは中々見つからない可能性が結構高いわけです。

当然、韓国相手にホームであのような試合をしたのでしばらく批判にはさらされるでしょうし、この先も3月などどうなるかわかりませんが、ハリルホジッチで行くと決めたらならここはもう腹をくくるしかないでしょう。本戦で結果を出してくれればひとまずは良いですので。(やっているサッカーは別として)
また、W杯出場を決めたのは事実だし、その大一番のオーストラリア戦での戦い方は評価するべき部分ですし、また、世代交代を予選中にうまくすすめ、結果としてある程度の成果を出しているという部分も一定の評価をしてみておくべきかとも思います。ただ、もし決断を下すならはやいほう(年内)が良いでしょうし、個人的には協会自体にも色々と問題はあるのかなと思いますが。

なお、散々な結果となりましたが、敢えてこの大会の収穫をあげるとしたら、中村航輔はもちろん、伊東、川又もまだ観てみたいし、あとは現状の国内組(今回はレッズを除く)では世界相手ではかなり無理があるということが現実的に明らかになったことである程度メンバーが固まるのではという部分ではないかとは思います。この点をプラスにとらえるしかなさそうです。

ということで、不満だらけの長文になってしまいましたが、ホームで韓国に大敗は非常に気分が悪いというか闘う気持ちも伝わらなくてとても残念でした。そのようなこともあり、このようなくだらない長文記事を書いてしまったようです。申し訳ありません。