国際強化親善試合とは言え厳しい内容ではあった・日本対マリ

日付変わって昨日ですが、国際親善試合のマリ戦が行われ、何とか引き分けに持ち込みました。特に後半に関しては攻撃面でもかなりよくない内容だったのですが、最後の最後で追いついた感じでしたね。

テスト的な試合でもあるとはいえ、また、他国に色々見せられない面もあるとはいえ、やはりワールドカップに出場しない若手中心のマリに勝ちきれないのは残念だなと個人的には思ってしまいました。全体的には観ていてもあまりおもしろくもない試合でもありました、。

ただ、収穫もありました。それはやはり中島翔哉がゴールを決めたこと、あとは三竿が本戦でも戦力になりそうなことがわかったことです。この2点はは良かったです。また、吉田麻也がいなかった中、ある程度の内容で守備が出来ていた時間はあったのでもう少し深めていけば選手層が厚くなるとも思いました。その点も多少の収穫点かなと。ただ、昌子のフィードやキックミスは改善してもらいたいです。

ということで、収穫面を何とか書き出しましたが、やはり内容的にも良くなかったし、マリに引き分けという結果ですのでテスト的な試合だったとしてもあまり評価は出来ないでしょう。突然宇賀神を右サイドでスタメンで起用したりといまいち理解が出来ないこともよくあります。宇賀神のプレーも確かに良くなかったし、プロなので厳しい評価になるのは仕方ないんですが、少々気の毒な面もあったのではと個人的には思ってしまいました。あとは大島僚太も不運でしたね…

ひとまず、次のウクライナ戦もまだあるので、また違う選手を試すとは思われますが、そういった状況下の中でもやはりミスを恐れずプレーして勝利を目指して欲しいなと強く思います。

やはり、松木安太郎か中山雅史も言っていましたが、選考前でミスをしたくないのか、明らかにミ無難なプレーをしているように思う時もありましたからね。

なお、久々にBSではない状況で観たんですが(いつも両方やっているならNHKとかBSを観ていることが多いので)、松木安太郎と中山の声がかなり似ているようで、どちらが喋っているのかどうにも聞き取れなかいときがありました(笑)ここにセルジオ越後でもいればまた面白かったかなと。最後どうでも良い話になりましたが、とにかく選考前とは言え、ミスを恐れず強いメンタルを見せる選手が観たいところではあります。