W杯メンバー・選手選考はかなり難しいのではないか?

元々前線の選手はかなり多く、特に左サイドは激戦区となっておりました。ただ、やはりハリルホジッチ前監督であれば選手選考は良い意味で思い切ってくるし、また、試しているメンバーも比較的決まっていたので、予想外の選手が外れる(海外で活躍していても)こと&ある程度予想は可能でした。例えば、乾貴士がいくら活躍しても外れることがあったり、武藤もそうです。そうとは思っても宇佐美貴史が活躍すればすぐ呼ぶといったこともあり、やはり合う合わないというのと、その時の調子の良さというのを重視していたと思います。

もちろん、西野監督になっても調子が良い選手を呼ぶのは当然だとは思いますが、良い意味でも悪い意味でも日本人らしい選考になるのではなかろうかと思うわけです。

そうなってくると、現状の前線のメンツの選考には頭を悩ませていると思われます。普通に考えても、ヨーロッパで活躍している良い選手、流れを変えられるような特徴的な選手というのがかなり多いからです。

ハリルホジッチ前監督の時では恐らく伊藤達哉が呼ばれることはないとは思っていましたが、ここ最近のプレーぶりを見ると可能性が高まってきていると思います。また、堂安も同様です。あとは武藤も活躍し始めました。

つまり、ここにきて3名が新たに可能性が高まってきていると思うのです。(個人的にはではありますが)

そうしますと、大迫はほぼ確定だとして、サブに武藤ということも考えられるし、岡崎も考えられます。左サイドは原口、乾、中島翔哉、宇佐美貴史(宇佐美は右でも良いのではないかと思う)、伊藤という争いになりますし、右サイドは久保、本田圭佑、堂安、宇佐美を右と考えれば宇佐美も、または岡崎もおりますのでかなり多いです。

さらに言えば、中盤も多いです。香川真司、柴崎岳、森岡亮太が恐らくポジションがかぶりますし、清武弘嗣も考えられます。小林祐希もおります、大島僚太もかなり良いです。

考えられることとしては、中島翔哉と本田圭佑を中盤に考える、または本田圭佑はワントップとしていく、何回か書いておりますが、宇佐美を右にする、柴崎岳をボランチとして考える、伊藤はスーパーサブ的な感じで行くなどですが、それでも上記から何名かは外さざるを得ません。(メンバー人数構成上)

当然ながら、ボランチに守備が強い選手を入れておきたいですのでそういう意味でも人数がオーバーしてしまいます。例えば堂安が入ったら久保が外れるということも考えられるかもしれないですし、もしかしたら森岡亮太も活躍しているけど外れる可能性もあるかもしれません。逆に清武弘嗣がJで復活しておりますが香川と柴崎でいくかもしれませんし、小林祐希を入れれば柴崎が外れる可能性もあるでしょう。例えばですが。

なんだか混乱してわけわからなくなりましたが、良い選手がかなり多いのは確かだし、一昔前であれば上記であげている各選手は全員代表に入れたと思うし、中心選手だったと思います。

果たして西野監督はどういったメンバーを選んでくるのか、という部分はかなり注目になってきました。ハリルの時もかなり注目ではありましたが、やはり積み上げもあったし好みもある程度わかってはいたのでそれとは違う感じで注目になってきたと思います。