3試合で全て戦い方が変わる大会になりそう

今大会は直前での混乱も含めて色々と期待できないという面はあるとは言え、ここ最近のニュースを見る限りでは西野監督(コーチ陣)はかなり色々と考えていることはわかります。もちろん大会前なので情報が全て出回るということはないはずですが、公開されている範囲だけ見ても結構守備には力を入れるのかなというのはわかりました。

3バックを検討し、右サイドに原口元気を試している記事を見ましたがこれは面白いと思います。原口元気が攻守にかなり期待できるのは確かで、3バックからの5バック気味になったとしても上下出来る選手なので攻撃の枚数がそこまで減らさないで守りも出来るというメリットがありそうです。

もちろん体力がもたないというのはありえますが、原口ならコンディションが良ければギリギリまでやってくれるでしょう。またもしその戦術で行くとなり、原口が疲れたら酒井宏樹と交代すればよいし、また、最初が酒井宏樹で原口というのも考えられるでしょう。なのでこういったことはオプションとしては良いのかなと。

5バック気味にしつつも原口の上下、あとは柴崎岳や大島僚太をボランチに一枚入れておくということで攻撃力もそこまで落とさないというわけですね。個人的にはボランチを井手口と山口にしてしまいさらに守備的にし、本田圭佑、宇佐美、乾、原口の上下でカウンター狙うというのもありだとも思います。この場合は本田のワントップですが。

ということで、記事タイトルと少しかけ離れた文章になっておりますが、おそらく3試合全て戦い方は変わるはずです。勝敗によって2試合目、3試合目が変わるのはもちろん、対戦相手的にも変えてくるはずです。正直言って初戦が最も大事とはいえコロンビアはかなり強いです。普通にやれば普通に負けるでしょう。なので初戦負けると痛いですが負けても最悪あと2試合で勝負、また何とか守備的にいきつつも引き分けたら良いという引き分け狙い的な戦い方になるかもしれません。もちろん、それで勝つことができれば最高です。

そして、セネガル戦はガチンコ勝負で良いと思います。セネガルの方が現状強いはずですがコロンビアほどの差はないと思われるし、勝てるとしたらセネガルではないかと思っております。ここはさらに布陣を変えて勝ちに行くべきでしょう。

ポーランドについてはこちらもかなり強敵ですが、意外と僅差というかハマれば好勝負は可能なのかなと予想しております。勝てるチャンスも十分にあると個人的には思います。レヴァンドフスキがいるのでその対策をどうするのかという意味でもまた戦い方、布陣を少しいじる可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、ワールドカップ直前なのにあまり盛り上がっていないのは残念だし、ある意味意味不明の解任とかもあったしそれによる色々な憶測含めてネガティブな話も多めなので仕方ないのかもしれませんが、私はそれでも全力で応援しようと思っております。グループリーグ突破の可能性は低いとは思いますが、それでもチャンスはありそうです。楽しみです。