国際親善試合・日本対ガーナ、大会直前の状況など

ハリルホジッチ氏が解任になってから最初の試合でしたが、ホームでガーナに対して0-2で敗れました。これについてはそんなに驚きはないです。(負けたということについて)もちろんたぶん昨日か一昨日あたりに来日したガーナですし、日本はホームなので結果としては残念ではありますが、まぁこんなもんなのかなというのが率直な感想です。

ただ、例えばハリルが同じように0-2で負けていたとして、批判はある程度高まるでしょうけど、「親善試合だから手の内を見せていない」的なことや「本番では全く違うサッカーをするだろう」的な意見がコアなファンらからはある程度出ていると思われます。

ですので、西野監督の日本代表にとってもこの点については同様に考えた方が良さそうです。(精神的にも)

しかし、そうはいっても、今日の敗戦でやはりここまで批判が出てしまっているのは、やはりサッカー協会の意味不明ハリル解任から続いているのは確かで、基本的にはほぼ何をしても現時点では批判は高まると思われます。(今日の惨敗でよりそうなった)
本番で勝利し番狂わせ的に勝ち進めば手のひらを返す人も多いとは思いますが、それでもコアファンは複雑な方もやはり多いと今回は思います。こうしてしまった協会については不信感しかありませんね。

個人的には、やはりなんだかんだでどのみち日本代表は応援していきますし、勝てば当然喜びます。日本人として代表が国際大会、しかもワールドカップで勝ち進めば単純に嬉しい部分が大きいからです。

しかし、様々なネガティブな背景から、そうではなくなってしまっている方(もし勝っても全力で喜べないような方も含め)が多いという点においては、やはりサッカー協会、特に田嶋会長の責任はかなり重大だと思っております。

話が逸れましたが、今日のガーナ戦で感じたのは長谷部中央の3バックはやや難しいのではないかなと思ったことです。長谷部のコンディションが完璧であれば面白いシステムだと思いますが、今日レベルの内容であれば厳しいと思うし、長谷部の代わりがいないというのも不安です。3バックをやるとしたら吉田麻也を中央にしても良いのかなと個人的には思います。

あとは、大島僚太は抜群に巧いということを再確認しました。ボランチの1枚を攻撃的にいくとすれば柴崎岳はもちろん、大島僚太も入れておきたいです。どちらがスタメンでも良いレベルです。

そして、本大会ではある程度割り切りが必要でしょう。面白いサッカーではなくても守りきってカウンターを狙うということを徹底するのもありです。とにかくやることを決めてそれに徹底的に集中した方が良さそうです。

また、南アフリカ大会前とは状況的には違いますが(直前で監督が変わっているしメンバーも違う)期待感がほとんどないという点はかなり似ています。ここから「見返してやる」的な気持ちでも良いので強いメンタルを選手には見せて欲しいです。

あのときは川島永嗣を起用したり、キャプテンを変更したり、本田圭佑をワントップにしたり色々と本番で大胆な変更がありました。

今回も思い切りの良いことをしても良いのでは?とも思います。

例えば、怪我の具合にもよりますが、思い切って中村航輔をスタメンにするというのも良いと思いますし、明日の発表でいきなり中島翔哉を呼んでも良いのでは?と個人的には思います。本来なら堂安律も呼んでほしいのですが。(35名に入っていなかった気がするので…)

またも本番で本田圭佑のメンタルや勝負強さ、勢いに頼ることになるかもしれませんが、本当ならその部分(勢い的な・2010の本田のような)は新しい若手が(例えば堂安)出てきてほしかったです。いるにはいるのに入っていないので…。そのうえでベテランと融合してほしかったですが、こればかりは仕方ありませんね。

ただ、時間は少ないですが出来ることはまだまだあると思うのでとにかくやるだけのことは徹底的にやって当たり前ですが少なくとも気持ちでは絶対に負けない状態で大会に入って欲しいです。