負けながらも何とか決勝トーナメント進出!・ワールドカップ2018

いやー難しい試合になってしまいました。昨日の朝方にスタメン6人入れ替える的な報道があったのは見たんですが、さすがにそこまでは変えないだろうと思っていた中、なぜか報道通りのスタメンになっており(これはこれでかなり問題ではなかろうか?)、しかも試合内容がだいぶ低調で暑さもあったとは思うけどフレッシュな選手にはもっとやってもらいたかったかなと。

武藤は一発を狙っていたのはわかるし、走り回っていたし、奮闘は認めますが、ヨーロッパに行ってその後さらにマインドの変化がかなりの勢いであったのか、だいぶ自己中なFWになってしまいました。
もちろん前線の選手としては自己中くらいが良いとは言え、さすがに現時点の武藤レベルでそうなってくると結果が出ないと評価は出来ないと思いました。前半に宇佐美に出していればほぼ得点という場面でも強引に自分で決めようとして無駄な動きをしていました。強引にいくならせめてシュートをしてくれと思います。

そしてその宇佐美ですが、ボールを持てば攻撃面で何かをしようとはしているのは感じましたが、やはりあのプレースタイルだとゴールを決めないとどうしようもないのではと思ってしまいました。個人的には今大会は宇佐美に期待していたんですが、恐らく何かアクシデントがない限りスタメンは厳しいと思われます。守備時の運動量というかすぐあきらめるというかあまりにも守備面で不安があります。やはりあのプレースタイルであればメッシやネイマールレベルでないと駄目だと思います。ネイマールでさえピンチのときに戻るときは全速力で無理矢理でも体張りますからね…。もし起用するならFWで攻撃専用ですが、やはり前線からの守備も期待出来ないので何とか考え方を変えてもらいたいとことです。

ということで、個人的には6名交代のこの大勝負は結果的にはある意味ある程度成功したのかもしれませんが、かなりリスクがあったし、色々と幸運が重なっただけなのかなと結果論ですが思いました。

もし敗退となっていれば、香川や原口、または本田は不完全燃焼という思いも出たかもしれません。戦略が失敗すれば勝負事なので仕方ないのですが、このポーランドだったらフルメンバーで行けば勝ち切れたと思うほどポーランドも低調だったので。

もちろん、結果的に突破出来たし、さらに香川、原口、昌子を完全に休ませることが出来て突破したのでそこは良かったし、長谷部や乾、大迫もある程度疲労は軽減されたと思います。後半最後はパス回しになったのでほとんど疲れてはいないでしょう。あとは川島が安定してきたという点もプラス材料だし、本田も元々出場時間は少ないのであれですが休めていたのも良いでしょう。

まぁ、最後の他力本願的なパス回しは個人的には突破にこだわるという意味では良かったと思います。(結果論も含まれますが)ギリギリかつ覚悟のいる判断ですが。
ただ、少しその状況になるにははやすぎたような気もしました。後半40分にもなっていないときから開始されていたし、セネガルが追いつく恐れというのはありえたからです。

しかし、このような戦い方をしてでも勝ち上がりベスト16を決めたというのは個人的には評価したいし、何だかんだ結果重視なのでグループリーグ最終戦には負けたけど突破はしたのでホッとしたし非常に良かったです。

欲を言えば1位通過が良かったとはいえ、大会前のことを考えても、また、現状の日本のレベルを見ても苦しみながら2位通過というのは素晴らしい結果をまずは一つ出したと思います。

あとは、ここまできたら何とかベスト8へという気持ちでいっぱいです。