日本対ベルギー・ワールドカップ2018

非常に悔しかったです。やはり朝に記事を書こうと思っておりましたが書けませんでしたね。勝利していたら問題なく書けたと思いますが。

ただ、日本代表は最後まで闘ったし日本人として誇りに感じる試合を魅せてくれたと思います。

この日は、香川真司の調子が非常に良く、また、DFラインの集中力や運もあったし前半0-0で終えられればひょっとしたらという気持ちもありました。そして柴崎岳の素晴らしいスルーパスから原口元気のワンフェイクからのシュートで先制。さらには香川真司のトリッキーなプレーから乾のゴラッソとありえない展開となりました。

30分まで0失点でいくことが出来ればマジで勝てるかもと個人的には思ってしまいました。
ベルギーの決定的シュートなどがことごとく外れていたからです。運もあるなと。また、日本はカウンターでさらに得点をしたたかに狙っていたし戦い方としてもやれる範囲のことは全力でやっていたと思いました。

しかし、ちょっとありえない形で1点を取られてしまい、さらには高さでやられてしまい、あぁこれはヤバイな、やはりベルギーは強いという流れになっていた中、それでも本田圭佑が決定的シーンを作ったりしたし、最後の無回転系のFKをあの位置から枠に飛ばして惜しくも入りそうになったし、最後まで闘ってくれました。

もちろん、すでに終了間際だったのであのCKを普通に蹴るのはどうなのかという思いもありましたが、恐らく最後の一発を狙っていたのでしょう。何としてでも90分で勝つと。あの無回転系FKまたはその後のCKと終了間際に強引に2回チャンスをつくり下手をしたら3-2で勝ち切れた可能性もありえたからです。

それはベルギーも同じで、最後のワンチャンスをあのとんでもないカウンターで決めてきました。ここは勝負の世界で結果論でありますが、その勝負にベルギーが勝ったかなと。

繰り返しますが、本田のFKまたはCKで日本も最後の最後で2回のチャンスを強引に作り、それを決めきれなかった。ベルギーは決めたというギリギリの勝負です。

考え方は色々あり、私としてもショートコーナーなどからシュートで終えてとりあえず延長にもつれ込ませられると思ったのであのコーナーキックを普通に上げたのは最初多少驚きましたが、逆を言えば本当にギリギリの部分で狙っていたんでしょうし、もしかしたら決めていて試合終了(日本勝利)という可能性もありました。そこに勝負をしたということなのでしょう。

延長になってPKまで粘れれば日本は勝つ可能性はあったと思うけど、恐らくは延長戦を0ではしのげなかったと個人的には思います。(PKまでいかず負けていた可能性が高いという意味で)
もうギリギリの戦いでした。

あとはこういう状況でのジョーカーは欲しかったなとこれも結果論ですが思いました。浅野が選外になっているのは仕方ないと思いましたが、こういう時に浅野のようなスピードは使えたかなとか、中島翔哉が出てきたら嫌だろうなとかは思いました。タラレバで意味ないですが。

やはりものすごい悔しさがまだあって何を書いているのか少々わけがわからなくなりましたが、とにかく一つ言えることは、日本人としてこの日本代表のベルギー戦は誇りに思いました。

もちろん、課題も多いし善戦しても結果的には負けてしまいました。そして、ある意味勝ちきれないというのは昔と変わらない部分でもあります。コンフェデのイタリア戦とかも攻撃面については良い試合をしながらも打ち合いになって負けたし、あのときも一時は2-0でしたからね。

しかし、選手は最後の最後まで意地でも勝ち切るという姿勢が伝わったし、全員でチーム一丸になった闘ったのも伝わったので私はこの日本代表は日本人として誇りに思っています。

今大会はこれで日本の戦いは終わりましたが、協会含め色々な反省点や改革は当然ですが、この経験(大会前の混乱など良くない面含め)を絶対に次につなげてほしいです。守備面の課題は明らかでこの点がかなり明確になっているのできめ細かい対策、強化、または育成が必要だと思います。

あとは柴崎岳や昌子源は4年後も30歳ですし、他にも何人か4年後に繋がる選手はおります。(今大会はある意味急造であまり繋がるとは言えない点もありますが)また、今回選ばれていないもっと若い世代で期待出来る選手は多いのも確かです。今後の日本代表に期待したいです。