中島翔哉と堂安律はビッグクラブ行きはあるか?

ここのところ、中島翔哉と堂安律の移籍報道が増えております。部分的には噂レベルもあるのかもしれませんが、彼らの能力、将来性を考えるとさほど不思議ではない状況です。
とくに堂安はまだ20歳なのでここからさらに一気に成長・加速する可能性もかなり秘めていてその期間が長く見れるということもあるのでビッグクラブ行きの可能性も十分あるでしょう。

もちろん中島は現状でポルトガルリーグで手のつけようのない選手となっているようで、しかもとんでもないスーパープレーを連発しています。日本代表でも活躍し始めているので現時点での実力的にもっと上のクラブに行くことになるでしょう。移籍金がどうなるかですが、現時点での活躍を見る限りある程度高くても獲得されるはずです。

いやーワールドカップが終わってからもどんどん楽しみになってきました。新しい世代が一気に目立ってきた上、なかなか骨のあるというか、気合の入っている選手が多い印象があるからです。とくに今回あげた堂安と中島にはかなり期待しています。

ということで、この2人はどのあたりのリーグやクラブが良いんだろうか?ということを個人的な妄想含め考えてみようと思います。

まず、堂安律ですが、身長はそれほど高くなさそうですが、フィジカル的に強い印象があり、十分プレミアリーグでプレー可能だと思います。ぱっと思いつくだけでもアグエロやジェススもそんなに大きくないですがありあまるテクニック+体幹というかフィジカルも通用しているし、当然ながら香川真司も短かったとは言えマンチェスターUで普通にやっていたし、岡崎もレスターで活躍していた時期は比較的あったので、高身長ではないと言っても堂安なら問題なくプレー出来るかと思います。

中島翔哉はどうなのか?って部分ですが、個人的には中島も問題ないとは思います。堂安より身長が低いと思いますが、フィジカル的に比較的優れているし、テクニックも抜群だからです。ただ、個人的には中島翔哉はプレミアリーグよりスペインやイタリア、またはフランスの上位クラブが良いのかなとは思います。さらに言えば、そのままポルトガルリーグのトップクラブでも良いのかなという気もします。ポルトガルリーグに中島翔哉を獲得出来るクラブがあるのかはわかりませんが(金銭面で)、上位クラブであれば魅力的です。何となくラテン系があっている気がするのです。プレースタイル的にも。
ただ、書いていて思ったのですが、中島翔哉を獲得できるクラブってスペインやイタリアでもある程度でかいクラブかってことにもなるかもしれないので、プレミアリーグも可能性はあるかもしれません。プレミアなら比較的中堅でも獲得可能だと思うからです。

何が言いたいのかよくわからない話になりましたが、何れにせよ、この2人は近いうちに移籍となるでしょう。早ければこの冬、遅くとも来年の夏までには決まるはずなので非常に楽しみです。そしてアジアカップもかなり期待感が出てきております。