運動不足解消には歩く(ウォーキング)のがおすすめ

社会人になり30代を過ぎてくると結構な割合で「運動不足なんだよね」っていうような話が多くなったりします。確かに、徐々に健康に気を使いたいようになってくるし、または実際に太ってきたり、中々脂肪が落ちにくくなってきたり、ということもあり運動不足を感じるわけです。

もちろん、運動不足ではない人もいるのですが、私の周囲では不足の人が多いです。

そこでおすすめなのが、ありきたりではありますが、「歩く」ことです。運動不足を認識し始めたらやることとして筋トレがあるのですが個人的にはより有酸素運動的なことをやっておいた方が良いと思いました。(もちろん筋トレも手軽に出来て良いですが両方やると良いという意味です)

理由としては、継続的に続けることがある程度可能だからです。これがジョギングのように走ったりするとなぜか続かないケースが出てくるようで、それだったらもっと手軽なウォーキングが良いのではと思って始めたらかなり定期的かつ継続的に出来ております。

例えば、ある程度歩ければ何でも良いんですよね。友達と長電話になりそうなら電話しながら公園とかで歩いても良いと思いますし、気分転換で晴れている日に外を散歩しても良いでしょう。もちろん、ある程度の時間はかけないと意味はないので20分~30分程度は歩くと良いのかなと思います。

歩くのは思った以上に簡単でそんなに苦にならないということで続けることが出来るのだと思います。当然ながらもっと負荷をかけた方が効果的とはいえ、続けられなければ単発的な効果しかありません。

ということで、ごくごく当たり前の記事内容になりましたが、結構忘れがちな重要なことなので書いてみました。
歩くことで色々とアイデアが出たりすることもあるし、それこそ気分転換になるので一石二鳥効果もあると思います。運動不足解消としてはすぐに効果が出なくても続けることで徐々に解消になっていきます。とにかく運動はずっと続けてこそ意味があるので忙しい社会人や時間がない人や運動自体が続かない方は、単純に歩くだけというのを心がけると良いと個人的には思います。