ザガーロ(デュタステリド)が登場・プロペシアとどっちを選ぶ

どうやら、新しいAGA(男性型脱毛症)治療薬としてザガーロという薬が登場するようです。価格や発売日は現時点ではわかりませんが、承認取得したようなので近いうちに詳細や情報が出てくるかと思います。現状の内服薬だとAGA治療薬としてはプロペシアがありますが、それに次ぐ薬となるのだと思います。

今回は、そのザガーロについて少し調べたのでそれについて書きたいと思います。

まず、ザガーロという元ブラジル代表監督のような名前ですが、これはAGA治療薬としての日本での名前のようですね。(※商品名についてははっきりはよくわかりませんでした。)

基本的には主成分はデュタステリドですし、以前からアボルブといった薬など聞いたことがある方もいるかと思いますが、前立腺肥大症治療の薬として使われているものです。※今までは「AGA治療としては」韓国で承認されていたのですが、今回日本でもAGA治療薬として承認を取得したということです。

つまり、成分自体はいきなり出てきたというわけでもないので情報は多いかと思います。ネットでデュタステリドやアボルブで検索すればかなりヒットするので気になる方は事前にチェックしておくと良いとおもいます。

このザガーロはプロペシアと基本的には似ているようなのですが、特徴としては5α-リダクターゼⅠ型とⅡ型両方阻害する効果を持っている点が挙げられます。プロペシア(フィナステリド)はⅡ型だけ阻害します。この点がプロペシアとの違いであると言えます。パット見ではハゲの原因であるDHTの産生を抑えるという点からみるとザガーロの方が強いのかなと素人の私には見えますが、このあたりも医師や専門家に聞いた方が良いと思います。

あとは、色々な病院の情報を見る限り、プロペシアより副作用がやや多い模様です。※詳しくは専門的なサイトなどでご確認下さい。

ということで、簡単に調べただけなのですが、個人的にはハゲ治療(AGA)の選択肢が増えることは良いことだと思ってます。

いまは前にも書いたようにプロペシアを飲んでいますが、この先どうするんだろうというのは少し頭の中でありました。ハゲが広がっていないので進行を遅延していると思われますが、やはり現状維持から少し進行といった具合だからです。

もちろん、現状維持が出来ていれば良いのでプロペシアの価格よりかなり高額であるならば私はそのままプロペシアにすると思います。「フィナステリド(プロペシア含め)が少し買いやすくなった」でも書きましたが、ジェネリックも登場していますし、プロペシア自体もやや安くなっているからです。

なので、ザガーロが出たらとっちを選ぶ?という部分から言えば、私の頭髪の状態であれば価格によると思います。価格がそこまで大きく変わらないのであればザガーロを試してみるかもしれませんし、けっこう高額であると感じたならばしばらくはプロペシアのままでいくでしょう。

あとは副作用のことも少し気にはなるのでクリニックで医師に相談しながら決めるとは思います。

ただ、選択肢が広がるわけなので例えば今後プロペシアを飲んでいても思うようにいかなくなってきたらザガーロを検討するなど、ハゲ対策の戦略がたてやすくなったのは確かですので将来的にはザガーロを選ぶことになるかもしれません。

どちらにしても色々と詳細がわかると思うのでそれを待ちたいとは思います^^